いつもながら

なんでこんな人々を信用するのだろうか?