約12年ぶりのシステム更新

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ようやくMovable Typeを更新することができました。セキュリティ上の課題が解決せず、コメント機能およびトラックバック機能の再開は見送りました。過去の記事を見ると、3.171-jaにアップグレードしたのが2005年8月17日ですから、12年以上も放置していたことになります。

バージョンアップという手はもはや使えず、6.3.5 をあらためてインストールし、旧システムからエクスポートしたデータを新しいシステムに読み込む、という方法で移行させました。なんだかんだと、システム構築に3日、データ移管に1日の合計4日を要しました。

なぜこれまでできなかったのか。どう考えても、それは「4日」というこのわずかな時間すら取れなかったといういう他ありません。

どういうことかというと、結果的には4日で終わりましたが、着手する時には、4日で終わるかどうかはまったくわからないわけです。ですから、忙しい時にはうかつに手が出せません。今回、在外研究という比較的時間に余裕のある時に、1ヶ月ぐらいかけてやろう、というつもりで着手して、やってみると、やはり最初はいろいろと躓き、1日目はインストール後、試行錯誤だけで終わってしまい。翌日ようやく使い方がわかってきて、それでも何かとトラブルに見舞われ、いろいろ調べて、3日目はようやくうまく動くようになり、最後の1日で集中的にデータ移行の作業をする、という具合です。たとえ4日かければ終わる、とわかっていても、忙しい時期ならまとまった時間を取ることは至難の業です。まして、何日かかるかわからない状況であれば、システム更新を「よし、今からやろう」という気持ちにはならない訳で、その状態のまま12年以上が過ぎた、ということになります。多忙とは恐ろしいものだと思います。今後はこの多忙という敵ともっと真剣に戦っていく必要があります。

1997年からRIMNETで借りていたサーバーに、MovableTypeをインストールしてブログをはじめた2003年当時は、スマホも存在せず、インターネット上のウェブの世界は、テレビや雑誌など、当時主流だったメディアの喧騒から離れて、ほのぼのとした雰囲気がありました。15年を経た今は、スパムやクラッキングなど技術的な脅威だけでなく、ちょっとしたミスや失言から炎上し、ネットで話題になるとテレビや雑誌のニュースになるという、社会的な脅威も含めて、ネット上での交流を気楽に楽しむ時代ではなくなったと感じます。

それにしても、Six Apart社が15年前と変わらず、個人無償版を提供し続けてくれていることは、素晴らしいと思いました。

以下、今回の更新で参考になったページのメモです。

マルチドメインでサイトを公開したい(Six Apart)
https://www.movabletype.jp/faq/publish-blogs-by-multidomain.html
Movable Type を安全に利用するためにできること(Six Apart)
https://www.movabletype.jp/blog/secure_movable_type.html